試行錯誤を繰り返し行い
ベストプラクティスを構築

B2C, D2Cのサブスクリプション・ビジネスではプライス、パッケージ、プロモーションなどを
迅速かつ柔軟に試行錯誤できるプラットフォームが必要です

サブスクライバーに柔軟な選択肢を
与えることの重要性

顧客は自分のニーズに応えてくれるサービスを望み、また、そうあることを期待しています


サブスクリプション・エコノミーは、現在の消費者の変化し続けるニーズと嗜好によって日々営まれています。 単に素晴らしいプロダクトだけを提供していても、消費者の期待に応えられません。そのため、企業は消費者に継続的に価値を提供するために、新たなサービスへの投資を強いられています。また消費者は、従来の汎用的な「one size fits all」のアプローチは受け入れません。 代わりに、柔軟な選択肢があり、他とは異なるパーソナライズできるサービスを選びます。

「Amazonification(アマゾニフィケーション)」や「Uberification(ウーバリフィケーション)」といった用語がD2C(Direct-To-Consumer)市場で受け入れられるようになった理由はまさにそこにあります。 AmazonやUberのような哲学を受け入れない企業は、取り残される危険性が極めて高くなります。

「今日の顧客は絶えず『評価』しています」期待は常に高く、求めているものを提供できないプロバイダーからは離れていきます。 顧客がデジタルの世界を渡り歩くという今日の状況が、企業の成長に深刻な影響を及ぼしています」


– Accenture, “Service is the New Sales” 2014

66%

2014年、消費者の66%がサービスの不満を理由に、少なくともプロバイダーの1社を切り替えました

 

 

$6.2T

このような消費者向けサービスの切り替えは、世界で約620兆円にも上ると見積もられています

Book

D2Cサブスクリプション・ビジネスの最新のeBookで、T-Mobile、Uber、Amazon、AppleをはじめとするD2Cのトップ企業が、どのように柔軟にサブスクライバーのニーズに対応しているかをご覧ください

成功のためには、
試行錯誤できる仕組みが必要です

この新しい世界で成功を収めるには、試行錯誤を通じて、サブスクライバーのニーズや市場の変化に迅速に対応できる柔軟性が求められます


消費者の新たなニーズに迅速に対応できない企業は、市場シェアを大きく失う危険があります。 ただし、サブスクライバーに柔軟な選択肢を与えるには、企業側にはそれを支える仕組みが必要です。 成功のためには、サブスクライバーの期待とニーズが時間とともに変化する中で、新しい戦略を色々と試す必要があるのです。具体的には、新サービスやプライスモデルの提供、新たな決済方法への対応など、試すことは多岐に渡ります。

「成功を収めているメディア企業の中で、初めに設定したプライシングを1年後も変えていない企業は1社も思い浮かびません」 新興企業であろうと、デジタルに移行をしている従来型のD2C企業であろうと、継続的にプライシングを最適化することが求められます」新興企業であろうと、デジタルに移行をしている従来型のD2C企業であろうと、継続的にプライシングを最適化することが求められます」


– Craig Barberich, Global Head of Media Solutions at Zuora

What do we really mean by ‘business freedom’?

For D2C companies, it means the ability to execute on 4 key imperatives. Read our e-book learn more.

yes please!

 

B2C, D2Cの成功企業は、
常に試行錯誤を行っています

4人の業界のリーダーが自身の経験を紹介します(翻訳ビデオ)


今日の消費者の期待に応えるには、サブスクリプション・ビジネスのマネジメント方法を根本的に変える必要があります。 顧客の獲得から、サービス配信、リニューアル、アップセルに至るまでのすべてのビジネスを、サブスクライバーを中心に展開する必要があります。 サブスクライバーとのリレーションを重視し、その戦略を策定し、それを元にリレーションを強化し収益化に繋げることは、いかなるB2C, D2Cサブスクリプション企業にとっても、成功を収める上で不可欠です。

 

B2C, D2Cサブスクリプション・ビジネスに必要な
4つのポイント

D2Cビジネスは非常に競争が激しい市場ですこれらの4つのポイントを習得して、サブスクライバーを拡大しましょう


Zuoraは様々な業界、企業規模、地域の800社を超えるサブスクリプション企業に採用されています。その中で、すべてのB2C, D2C企業は、サブスクライバーを獲得し、サブスクライバー・ベースを維持、拡大する上で、同じ課題に直面しているということを学びました。競争を勝ち抜いた企業は、以下の4つのポイントを実践しています。

トライアル&エラー

効果的な「新規顧客獲得」のために、プライシング設定やプロモーションの試行錯誤を繰り返し行う

Leverage subscription data

「アップセル・クロスセル」「解約率削減」のために、
サブスクライバーの利用状況や動向を把握する

Tame the complexity

グローバルで幅広い顧客にリーチするために、様々な
「決済方法」を効果的に
活用する

Build a seamless and scalable customer experience

一貫性のある、素晴らしい「カスタマー・エクスペリエンス」を提供する

 

このeBookは業界事例とともに、
これら4つの戦略を正しく理解して頂くために作成したものです

 
guardian-video
financial-times-video
surf-air-video
news-uk-video

The takeaway: all D2C companies have a lot in common

Whether your D2C service is in membership, publishing or OTT video, the core business imperatives are the same.

Luckily, we wrote a comprehensive e-book to help you understand them all.
read it now

最新のテクノロジーで差別化を行う


D2Cサブスクリプションの最大の課題はレガシーシステムです


サブスクリプションは、継続的で動的な顧客とのリレーションシップを生み出します。 上記の4つの戦略を通じて成功を収めるには、既存のERPやCRMシステムの機能を遥かに超えた、サブスクライバー中心の最新のプラットフォームが必要になります。 Zuoraによって、サブスクライバーや市場のニーズに合わせて動的なサブスクリプション・リレーションシップの管理が実現ができるようになり、ビジネス全体を強化することができます。

以下、Zuoraを利用しているD2Cのお客様の一例です

Rogers
YP
GoPro
Zillow
Ten
Ford
HomeAway
Financial Times

Powering the Subscription Economy™

Zuoraはサブスクリプションを理解するための情報を提供しています