「Zuoraは顧客中心、サブスクリプションライフサイクル中心の姿勢を明確に打ち出し、提供するすべてに責任を持っています」— クラウドサービス担当VP&GM、Guy Marion氏

Company CollabNet
Industry Cloud Infrastructure

顧客概要

CollabNetは、開発者が共同でソフトウェアを開発するためのプラットフォームを構築しています。(その大部分がオープンソース。すばらしいですね)

チャレンジ

顧客向けにサービスを展開し、市場ごとに異なる価格を設定するための新しい手段を必要としていました

ソリューション

Zuoraは、価格設定だけでなく、パッケージ設計やビリングでも、柔軟な対応、テスト、反復を実行できるようにしました

ベネフィット

100か国以上、440,000人を超える会員がCollabNetに登録しています

「一番ビリングが上手な会社にビリングをアウトソーシングすることができました」— クラウドサービス担当VP&GM、Guy Marion氏

CollabNetのストーリー


CollabNet社は、ユーティリティ単位、ユーザー単位、サービスレベル単位を問わず、Zuoraの柔軟性とスピードを利用して、顧客の要望に応じた幅広い価格プランを作成できます。

CollabNet社は、IT共同開発のためのクラウドベースのシステムを作っています。共同開発に関わるさまざまな障害をなくすことで、ソフトウェアの開発とデプロイのスピードを上げ、チームの革新性を高めてリスクを減らしています。

クラウドでの新規事業の立ち上げは難しいことも多いです。CollabNet社が新しいサービスを始めようとしたとき、ユーザー数や使用量に基づいた価格構成には、厳格な機能ベースの価格よりも会員にとって意味があると感じていました。さらに展開の段階に進むと、自分たちが本質的にはサブスクリプションコマースモデルに向かっていることに気付きました。しかし、当時のビリングインフラストラクチャでは、実際のサービス提供よりもビリングにより多くの時間がかかると予測されました。

「我々はコア事業である『コラボレーティブ・ソフトウェア』の開発に社内の貴重なリソースを投資したかったのですが、社内の課金請求のシステムを開発するのに大半のリソースを取られていました」と、CollabNet社のクラウドサービス担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー、Guy Marion氏は説明します。

CollabNet社は、細心の注意を払って数多くのソリューションを評価しました。Zuoraは実績とSalesforce統合の面で際立っていました。Zuoraのサブスクリプションエコノミーから導き出した専門知識とお客様中心の姿勢が評価され、契約に至りました。

Zuoraを利用する前、CollabNet社はビリングプラットフォームに対して計画の約25%を費やしていました。Marion氏は、「SaaSスタートアップ企業としては自ら墓穴を掘っているようなものです」と言います。Zuoraを利用することで、開発者が優れたソフトウェアを開発できるように支援するという自社の一番の強みに再び力を注ぐことができました。

「Zuoraは我々のストーリーに全く新たな視点をもたらしてくれました」 とMarion氏は言います。CollabNet社は、顧客のニーズの変化に応じて価格を更新できます。「お客様には、本当に必要ではないものを買うことを強いられずに、買った価値に見合うものを使っていると感じていただいております」(Marion氏)

その他のクラウド・インフラストラクチャ企業事例

クラウド・インフラ

クラウド・インフラ

クラウド・インフラ

クラウド・インフラ