「GoProのステークホルダー(エンジニアリングチーム、製品チームから当社の財務チームまで)に対するZuoraの全面的なサポートに感謝しています。 Zuoraとの関係や連携により、GoProは、市場参入時や重要なビジネス戦略の転換の際にも、迅速に動くことができました。」-Rahul Iyengar、Software Engineering の Senior Director

会社名 GoPro
業界 B2C

顧客概要

GoPro の情熱は、イマーシブでエキサイティングな方法で決定的な瞬間を美しく残し、見た人にその素晴らしさを伝えること、世界を捉え、共有できるようにすることです。2002年の創業以来、同社は、顧客のその素晴らしい体験を記録し、活用できるようにするために、カメラからアプリ、アクセサリーなどを提供し続けています。

チャレンジ

GoPro は、お客様が安心して利用でき、カメラで撮影したコンテンツの編集、管理、共有を簡単に行えるようにしたいと考えていました。

ソリューション

「GoPro サブスクリプション」は、無制限のクラウドストレージ、プレミアム編集ツール、カメラの交換保証、限定製品割引などを提供しています。Zuora プラットフォームは、パッケージング、支払い・取引、請求書管理、財務・税務サポートなど、サブスクリプションビジネス全体のバックエンドの仕組み管理統合を通じて、GoProのサブスクリプションをサポートしています。

ベネフィット

「 GoPro サブスクリプション」は、現在加入者100万人を超え、GoProがお客様へ提供する付加価値となっています。

「Zuoraは、サブスクリプションの提供開始やアップグレードするための環境を、長い間GoProに提供してきました。これによりGoProは、サブスクリプションの提供を通じてウェブ上の見込み客にリーチしやすくなったのです。」-Rahul Iyengar、Software Engineering の Senior Director


2016年、GoProは同社初のクラウド接続カメラHERO5 Black,を発売、顧客がどこからでも、どのデバイスからでもコンテンツに簡単にアクセスできるようにする、まったく新しいサブスクリプションクラウドサービスとともに提供開始しました。当時、Zuoraのサブスクリプションプラットフォームは、このGoProサブスクリプションサービスを迅速に市場へ投入するためのバックボーンを提供しました。

2020年、サブスクリプションビジネスが着実に成長してきた段階で、GoProは、更に成長を加速するために、 GoPro.comにおけるより多くの事業展開を強化しました。GoProサブスクリプションを活用して顧客により大きな価値を提供することで、サブスクリプションの成長を加速させました。GoProの事業におけるこのような戦略変更には、重要なバックエンド作業が必要でした。そのため、Zuoraのプラットフォームがこの作業の核となる部分を効率化しました。

GoProの世界中にいるどの顧客に対しても一貫したサービス・体験を提供するため、GoProは、グローバルインフラの更新にも乗り出しました。この複雑なプロセスにおいて、GoProは、数社の新たな決済パートナーのシステムを導入しました。しかし、Zuoraのプラットフォーム内にすでに組み込まれていた仕組みにより、これらのパートナーのシステム統合はシームレスかつ簡単なものでした。

ZouraのプラットフォームはGoProのWEB上で行われる取引にも価値あるサポートを提供しています。顧客にカメラの購入とサブスクリプションの加入、両方を同時に提供することは一見シンプルに思われます。しかし、バックエンドでは、毎月または毎年繰り返されるサブスクリプション取引の支払い管理を行いながら、GoProの経理チームへ差異のない照合と、決済、税務、受注から発送管理まで一連で行うために、他システムとの統合を、一回の取引(カメラやアクセサリの購入等)で同時に可能にする必要があります。そのためには、緻密なシステム設計が不可欠となります。

「Zuora では、サブスクリプションの変更を動的に管理できます。これは非常に大きなことです。」— Ian Klassen、Subscription Products の Senior Director

Zuoraを活用しているB2C企業