「私達の市場は今のところ、デバイスの販売が中心です。Hiveは新たなサービスを提供しサブスクリプションによる収益化に力を入れています。デバイスは引き続きその一端を担いますが、ソフトウェアとサービスが新たな重要な役割を担っています」
- Centrica Connected Home担当VP Roy Vella氏

Company Hive
Industry B2C

顧客概要

Hiveは英国のスマートホームテクノロジーの代表的ブランドで、スマートホームハブの設置台数は660,000台以上に上ります。

チャレンジ

Hiveは製品主体の販売モデルからサービスビジネスへと移行するため、上流から下流までの全プロセスを管理できるプラットフォームを必要としていました。

ソリューション

Zuoraプラットフォームは、Hiveがサービスオファリングを拡大するために必要としている業務の支援を行っています。

ベネフィット

Zuoraとのパートナーシップにより、Hiveはサブスクリプションの加入者向けに新たなサービスの提供を迅速に開始し、収益化することができました。

「我々のやっていることはシンプルです。
それは、ユーザーが住まいをコントロールするためのお手伝いです」
- Centrica Connected Home(Hive)担当MD、Nina Bhatia氏

video preview

Hive社のストーリー


HiveはBritish Gasの支援を受け、一連のスマート製品/サービスによって完全なスマートホームを創出し、毎日の生活を快適にする、スマートホームテクノロジーの代表的ブランドです。Hiveのスマートホームブランドによるスマートホームハブの設置台数は660,000台を超え、製品の販売台数も100万台を突破しました。

Hiveは2013年に最初の製品であるスマートサーモスタットを発売しました。当初は単純な製品主体のソリューションを提供していましたが、それ以降は、暖房、防犯カメラ、センサー、照明、スマートプラグなどの完全なサービス一式を開発して、加入者に月額料金で提供するようになりました。その結果、顧客数が70%増加しました。

HiveのコマーシャルディレクターであるJo Cox氏は次のように言います。「製品というよりむしろ、製品によって実現できるサービスが大事です」 Hiveはこの目標に向かって、増え続ける接続型サービスをサポートできるプラットフォームを必要としていました。

2017年、Centricaは最初のHiveサブスクリプションサービスであるHive Welcome Homeを開始しました。このサービスは、英国でHiveの製品とサービスをまとめて、月額わずか5.99ポンドで提供するものです。HiveはZuoraプラットフォームを利用して、顧客に対してセルフサービスシステムを提供しています。顧客は1つの信頼できるセキュアなプラットフォームから、サインアップ、アップグレード、ダウングレードを自分で管理できます。加入者は接続型サービスを必要なときに必要なだけスケールアップできるため、加入者の満足度が向上し、ユーザーあたり月間売上高が増加する機会も拡大しています。

Zuoraのプライシングパッケージ機能では価格設定の試行錯誤が柔軟に繰り返しでき、Hiveは新しく導入したサービスモデルの収益を迅速かつ正確に認識できます。新しいサービスをすぐに開始でき、価格設定やパッケージ化のシステム面の障壁により遅れが発生することもありません。

また、Zuora Central上でサービスを運営することで、Hiveは財務プロセスを自動化して利用量をビリングできるので、仕事をコアビジネスに集中させて、画期的なサービス一式をさらに拡大することができます。

Hiveが英国の市場から国際市場へと展開し続ける中で、Zuoraのスケーラブルなソリューションがグローバル市場における幅広いグローバル決済をサポートしています。

「製品というよりむしろ、製品によって実現できるサービスが大事です」
Hiveコマーシャルディレクター、Jo Cox氏

製品販売主体のビジネスモデルからサブスクリプション型のサービスビジネスへと移行してから、Hiveの顧客数は70%増加しました。

Zuoraを活用しているB2C企業