「Zuoraが与えてくれる最大のメリットは、デリバリのスピードです」
- Zoomビジネスオペレーション責任者、Sunil Madan氏

Company Zoom
Industry Cloud Applications

顧客概要

Zoomはビデオ/Web会議サービスのリーディングプロバイダーです。

チャレンジ

成長を維持しながら、自社のビジネスを複数のチャネル経由で、複数の製品ライン、複数の地域に拡大すること。

ソリューション

Zuoraのプラットフォームが、Zoomの成長に対するいくつもの取り組みをサポートし、同社が必要とする運用のバックボーンを提供します。

ベネフィット

2016年、Zoomは利用時間が前年比で215%増加したことを発表しました。2017年までに、650,000社がZoomを利用しました。

Zuoraを利用する前は、Zoomは標準化された見積もり作成ソリューションを持っておらず、非効率的なMS Word文書やスプレッドシートに頼っていました。Zoomビジネスオペレーション責任者のSunil Madan氏によれば、「まもなく制御不能に陥るところで」、拡張できる状態ではありませんでした。

video preview

ZOOM のストーリー


クラウドベースのビデオ会議サービスを提供するZoomは、かつてCiscoやWebExで働いていたエンジニアたちによって2011年に設立されました。Zoomが2013年2月にビデオ会議ソフトウェアの一般販売を開始したところ、すぐに世界中の20,000社を超える企業や1,400の教育機関が導入しました。  

当初、Zoomの成長は有機的で、テクノロジー企業や高等教育機関が早期に導入し、Zoomの技術をすんなりと受け入れました。

Zoomの製品マーケティング担当のJanelle Raney氏によれば、「フリーミアムはいつも常に大きな原動力となり」、有償アカウントに対する対話を促してきました。Zoomはコラボレーション型プラットフォームであるため、当然ながらウイルスが増殖するかのように成長します。新しい人をミーティングに招待するたびに、その人がZoomを知ることになるからです(そして、Zoomを知ればZoomを気に入ることになります)。   

しかし、口コミによる成長によってコントロールできない可能性もあります。Zoomは成長するほど、その成長に戦略的に対応する必要がありました。そのためには、適切な基盤が必要でした。

中堅からエンタープライズ企業を中心にした市場に移行したことで、既存のビリングシステムでは顧客のニーズに対応できなくなっていました。Zoomは見積もり作成ソリューションを持っておらず、非効率的なMS Word文書やスプレッドシートに頼っていました。Zoomビジネスオペレーション責任者のSunil Madan氏によれば、「まもなく制御不能に陥るところで」、まったく拡張できる状態ではありませんでした。

中堅企業やエンタープライズ企業の顧客に働き掛けるには、もっと多くのものが必要でした。もっと多くのカスタマイズ機能、もっと多くのレポート、もっと多様なプラン、もっと簡単な割引の手法が必要だったのです。さらに、大企業が持つ独自の要件には、Zoomの以前のビリングシステムではサポートできないものがありました。そのため、Zoomは一企業として成熟するための支えとなるプラットフォームソリューションを探し求めました。

そして導入したのがZuoraです。

2015年、Zoomはわずか4か月でZuoraの導入を完了しました。それ以降、急速な成長を遂げ、業界から大きな賛辞が送られました。それと並行して、Zoomを10億ドルの価値があると見たSequoiaから、追加の大規模な融資ラウンドを得ることができたのです。

Zoomの成長をサポートするZuoraの機能は以下のとおりです。

  • 価格設定とパッケージ化の柔軟性。Zoomは、取引数や取引あたりACVを増やすための、カスタマイズ版の製品を設計できます。
  • 顧客の使用状況に関する深い洞察。アップセルの機会を識別し、戦略的なアップセルパスを構築するために役立ちます。
  • セルフサービスの顧客向けのオンラインアカウント管理や幅広いオンライン決済方法のサポート。どちらも、顧客満足度の向上や、対話、アップグレードの増加に不可欠です。
  • Zuoraのエンタープライズ向けマルチエンティティ版。Zoomにとっての戦略的優先課題である、今後の世界進出の鍵になります。

Zoomの優れた製品と戦略的な成長の結果、顧客もジャーナリストもアナリストも一様にZoomのサービスを称賛しています。2016年11月、Zoomは利用時間が前年比で215%増加したことを発表し、GartnerのWeb会議部門のMagic Quadrantでトップに選出されました(Raney氏によれば、Zuoraのインフラストラクチャはこの受賞の「決定的な要因」でした)。 また、2017年1月には、シリーズDの融資で1億ドルを獲得しました。OktaはZoomをそのプラットフォーム上で最も早く成長しているアプリであると宣言しています。 raised $100M in Series D funding and Okta announced Zoom as the fastest growing app on their platform.

Zoomは急速に成長しており、それと共に、前に進み続けるために必要となる販売、マーケティング、ビリング、オペレーション、財務からの要求も増えています。言うまでもなく、Zoomを信頼している650,000社を超える企業からの要求も。これらの厳しい要求に応えながら、Madan氏はこのように言います。「Zuoraが与えてくれる最大のメリットは、デリバリのスピードです」

2016年、Zoomは利用時間が前年比で215%増加したことを発表しました。そのユーザーには500,000社が含まれ、同社のプラットフォームでは1年間に150億分以上がミーティングに費やされています。また、ミーティングへの参加者数を1日平均に換算すると、100万人に達します。

2015年、Zoomはわずか4か月でZuoraの導入を完了しました。それ以降、急速な成長を遂げ、業界から大きな賛辞が送られました。それと並行して、2017年1月に、Zoomを10億ドルの価値があると見たSequoiaから、追加の大規模な融資ラウンドを得ることができたのです。

クラウド・アプリケーション企業のその他の事例

クラウド・アプリケーション

クラウド・アプリケーション

クラウド・アプリケーション