eBook

サブスクリプションの4つのプライシング戦略

相対的なプライスポイントを活用し、プライシングのポートフォリオを再構築する方法

意識的かどうかを問わず、顧客は常に目の前に出された各オプションのメリットとデメリットを比較検討しています。製品やサービスを評価する際に、他の製品やサービスと比較した相対的な価格と価値にとらわれるのです。成功する企業は、顧客に提示するオプションをあらかじめ調整すること、またその際には顧客が購入する製品や支払う金額に影響を及ぼすようにすることを身につけています。

ポートフォリオを再構成する効果は小さくありません。たとえば、サイモン・クチャーは、あるオンラインマーケットのサブスクリプションを扱う企業を支援し、ポートフォリオと価格アーキテクチャを最適化しただけで、ユーザーあたりの平均収益(ARPU)を88%、月間リカーリングレベニュー(MRR)を62%改善しました。サイモン・クチャーが多数のクライアント企業と接してきた中でわかったことは、サブスクリプションの価格プランに関するポートフォリオを再構成することで、顧客数の増加とARPUの増加の両面から収益が向上するということです
このガイドでは以下の方法を学びます。

  • 安価なプライスポイントにより顧客の関心を高め新規顧客を増やす
  • 完璧なプライスで市場のニーズを満たす
  • スーパープレミアムパッケージでアップセルを促進
  • パッケージのポートフォリオをシンプルにする
  • ビジネスの目標に合わせて顧客の行動を調整する

詳しく見ていきましょう。