Report - Zuora

Subscription Impact Report: COVID-19 Edition (Japanese)

サブスクリプション・エコノミーにおけるCOVID-19(新型コロナウィルス)の影響調査(日本語版)

【概要】
新型コロナウィルス(COVID-19)の影響により、消費者、世界経済、そして企業は困難な時代に早急に適応することを求められました。その中で1つ明らかになったことは、「サブスクリプションビジネスが持つレジリエンス(回復力/復元力)の高さ」です。

本レポートはZuoraプラットフォーム上の700社以上のデータをもとに、新型コロナウイルスの世界的な拡大から3ヶ月(2020年3月〜5月末)の期間におけるサブスクリプションビジネスの収益性への影響を、直前12ヶ月間(2019年2月〜2020年2月)からの変化とともに分析しています。

この期間、新規顧客を獲得して高まる市場の需要に応えることに集中した企業もあれば、サブスクリプションの成長が減速する中、既存顧客の維持に集中した企業もありました。世界中の都市の封鎖が解除される中、”アフターコロナ”の経済下でサブスクリプションビジネスの長期的な成功を保証するため、各業界の企業がどのように適応する必要があるかを調査しました。

主な内容:
・調査結果概要
・業界別の影響(ソフトウェア / メディア / 一般消費者向け会員サービス / B2B&B2C IoT )
・サブスクリプションビジネス各社の新型コロナウイルスへの対応
・付録(調査手法 / 定義等)

ありがとうございました

eBookをダウンロード